2015年6月3日水曜日

何かと話題の空撮

本日は何かと話題な空撮のお話し。
これだけ聞く機会も増えれば、もう今年の流行語にノミネートされたも同然でしょう。

よくドローンと言いますが、これは無人の航空機全般のことで、 元は軍事目的で利用されてきました。現在は小型化、低価格化により、大手企業から小規模な会社、そして一個人までに普及しつつあります。
2ヵ月前に首相官邸の屋上で墜落したと思われるドローンが発見され、一気にドローン関連の話題が報道されました。それ以前にも以降も墜落や催事会場での落下事件など、刑事罰に問われるということも発生しています。

そういう私たちは昨年5月に導入していました。
当時から航空法や電波法、そして論理の観点から飛行してはいけない空域やエリアの存在、使用してはいけない周波数帯、万が一の事故に際する保険うんぬんは把握していたつもりです。
(もちろん機材に技適マークがついている機材を使用しています)

ただ、明確な有資格制度やルールが定まっていない以上、扱い等については事業主または個人任せということで、販売する側もユーザーに対して、細かな周知徹底がなされているものとは思えません。
今後、国によるルールの設定や操縦資格化に向けての動きや、保険会社からの産業用ヘリコプター保険の販売が予測されますが、そのようなルール整備が明確化されるまでの間は、あくまで必要最低限の使用に徹したいと考えています。

せっかくなので、テスト飛行の動画をご紹介します。
以前、Studio ECHOさんのブログ(物欲ハンター)でアップされた動画です。
ご参考にどうぞ。 


0 件のコメント:

コメントを投稿